2018年3月24日土曜日

【コラム】メトロイドヴァニアというジャンルに物申す。

数年前とは違い、インディーズゲームが普及している昨今。
Steamでしか取り扱われてこなかったマイナーなインディーズゲーム達は、
その人気から有志による日本語化や、
公式側で日本語の追加なども行われる。
更には日本企業を介しての音声含めた完全な日本語吹き替えなどのローカライズも行われる。

そしてマイナーなインディーズゲームは、SteamというPCゲーミングの枠組みを超えて、
Xboxでインディーズの波が訪れ、更にはPlaystation4、Nintendo switchなど、
現在幅広いプラットフォームで楽しめるようになり、
インディーズゲームを遊ばない人たちの手元にも渡るようになった。

さて、その上でよくこのような言葉を聞かないだろうか?

「○○ライク」と、

例を上げればDemons soulsから続く、Soulシリーズ、
そのシリーズにオマージュされたインディーズを端的に紹介する際に、
「ソウルライク」などと紹介される事も多くなってきた。

しかしその紹介は本当に「端的に 」紹介しているだけであって、
その精神性までは完全に理解出来ていない物が屡々。
だが、ソウルシリーズを模範しようとしようとしてるのも確か。

そんな中、最もゲーマーを混乱に陥れているのが
「メトロイドヴァニア」というジャンルだろう。